秋葉原・池袋にて障害ハードディスク等、持ち込み可能 6つの復元無料サービス TeraStation(テラステーション)データ復旧定額\168000(税込)で対応 LinkStation(リンクステーション)データ復旧定額\136,500(税込)で対応

HDD復旧ホーム > HDD(ハードディスク)の共有

< 前のページへ戻る

HDD(ハードディスク)の共有

1台のHDDを複数のパソコンで共有しよう

USBタイプのHDDは、接続しているパソコンでしか利用することができません。
しかし、LAN接続のハードディスクなら、ひとつのハードディスクを複数のパソコンで共有できるようになります。

1台のハードディスクを複数のパソコンで共有するNASを活用

会社だけでなく、最近では家庭内でも複数のパソコンを使用している方も多いと思います。
ただ、パソコンごとにHDDを増やしていくのは、大きな出費になると思います。そこで、お勧めなのが同一ネットワーク上の複数のパソコンから
一台のHDDを共有できるLANハードディスク(NAS)の導入です。
最近のLANハードディスクの中には「DLNA」対応モデルも多く、「DLNAガイドライン」に沿った機器同士ならメーカーを問わず、ネットワーク経由で相互接続できる機能のことです。
つまり、LANハードディスクとテレビなどの家電がDLNAに対応していれば、HDD内に保存している動画・音楽を大画面のテレビでも楽しめるようになります。

ネットワーク機能を最大限に活かせるLAN HDD

ネットワーク機能を最大限に活かせるLANハードディスク

 LAN(ローカルネットワーク)上のパソコンであれば、一台のハードディスクを共有することができるLANハードディスク。
複数のパソコンを使用しているなら、LANハードディスクがお勧めです。

DLNAの仕組み

 「DLNAガイドライン」に沿った機器同士なら、メーカー問わず、様々なデータを共有することが可能です。

NASのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 1台のHDDを複数のパソコンで共有できる
  • LAN(ネットワーク)環境が必要になる

無線LANという選択

ワイヤレス(無線)でデータ共有

LANハードディスクには、有線と無線があります。
無線なら電波を使って通信するので、わずらわしいケーブルに悩まされませんが、ルータやパソコンも無線LANに対応している必要があります。
無線LAN環境がすでにあるならば、無線LANも選択の一つとして考えてもいいかもしれません。

ワイヤレス(無線)にはなるが・・・

・LANハードディスクだけではダメで、パソコンやルータも無線LANに対応していなければならない。
・電波を使用するため、遮断物があると通信が不安定になる。
・有線より伝送速度が落ちてしまう。

corega(コレガ)無線LAN CG-WLR300GNH
corega(コレガ)無線LAN CG-WLR300GNH

HDD復旧お問い合わせ

HDD 復旧アドバイザに無料相談まずはHDD復旧アドバイザーに無料相談!
メールでのご相談はこちら

【受付時間】
09:00~20:00(時間外転送)
※年末年始・お盆を除く平日のみ

まずは復旧アドバイザに無料相談

HDD復旧コンテンツ

RSS

ATOM

はてなに追加 はてなに追加
MyYahoo!に追加 MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加 del.icio.usに追加
livedoorClipに追加 livedoorClipに追加